後遺障害とは

後遺障害と後遺症という言葉は交通事故の話題になるとよくあげられるキーワードですが、後遺症と後遺障害の微妙な違いを理解しているという方はあまり多くないかもしれません。交通事故によって被害者が受けた精神的、肉体的な障害が今後の将来において回復を見込めない状態になることを後遺障害と言います。後遺障害と認められるためには交通事故とその怪我の症状との間に関連性、整合性などの因果関係がはっきりと認められることが重要となってきます。その存在が証明、説明できること、労働能力の喪失や低下を伴うものであること、その損害が自賠責基準の等級に該当することという要件の充足が必要です。そして後遺症とは、交通事故により怪我をし、治療の末に残ってしまった症状を言います。急性期症状が治ったあとでも体に残ってしまった機能障害、神経症状などの症状や障害のことを指す言葉です。

後遺障害の慰謝料等の詳細としては、逸失利益、後遺障害慰謝料などがあります。逸失利益とは交通事故で後遺障害を負ったことにより労働能力が低下、喪失したことで今後の生活や将来に亘って失う可能性のある利益のことを言います。後遺障害慰謝料とは後遺障害を負ったことに対する慰謝料です。後遺障害等級が認定されれば認定されてた等級に応じて慰謝料の請求ができます。