後遺障害認定の流れ

交通事故による後遺障害の等級認定の流れはまず症状固定の決定準備を行うことからはじまります。次に医師に後遺障害診断書を用意してもらう必要があります、後遺障害診断書が用意できたら、診断書を保険会社に提出します。そしてその書類は保険会社から損害保険料率算出機構へ送付されることになります。その後、後遺症についての調査が行われ、その結果は保険会社に通知されます。保険会社から被害者へ認定結果が通知されたあと、賠償金の受取が行われます。その金額、内容に納得がいかない場合は保険会社に対して異議を申し立てるといった流れになっています。

医師に後遺症診断書を用意してもらうといった場合、特別決まった依頼の形式があるわけではありませんが、用意して欲しい時期になったら診察のタイミングなどで後遺障害診断書の作成をお願いするとよいでしょう。診察の際などに直接用紙をもっていく方法や受付に渡す方法などその担当医師によって対応は様々です。後遺障害診断書の発行まではおよそ2週間前後かかる場合が多いようです。直接被害者に渡されるケースが一般的ではありますが、保険会社に直接郵送されるといったケースもあります。このやりとりの詳細についても、担当医師によって変わるので相談が必要です。